ヘッダHPロゴ.gifヘッダ真ん中.gifヘッダ予約b.gif
ヘッダTOPb.gifヘッダTOPb.gifヘッダ治療の流れb.gifヘッダ治療の流れb.gifヘッダメニューb.gifヘッダメニューb.gifヘッダスタッフb.gifヘッダスタッフb.gifヘッダご予約b.gifヘッダご予約b.gifヘッダアクセスb.gifヘッダアクセスb.gif

題夏バテの原因.gif


メインバー夏バテ原因.gif

<まず、夏バテとは?>

 高温多湿な日本の夏に人間の体はなんとか対応しようと頑張っていますが、対応しきれなかった場合「だるくて疲れやすい、食欲が出ない」と言った症状がでます。

 夏バテとは夏の身体の不調の総称なのです。

このページでは夏バテの症状別にお家でできる簡単な対策をご紹介いたします。

<夏バテの原因>

1.ミネラル、水分不足

 人間の身体は、外気温が高くなり体温が高くなれば、汗をかき体温を下げています。
汗をかくには、その材料となる水分が必要です。水分がなくなり汗をかけないと、熱を体外に放出できず、体内が高温状態になってしまいます。
 そして汗は、体内に存在するミネラル分も、同時に体外に出してしまいます。
身体のミネラル分、水分が大量に失われると体調バランスが崩れ、疲労感が生じます。
 夏場は水分摂取を心がけ、一日最低2リットル取るように、そして一度に多く飲むのでなく、常温で小まめに水分補給します。

2.胃腸の働きが低下

 夏場は汗をかくために、皮膚表面に血液があつまり、内臓に血液がいかず働きが低下したりします。
 また、冷たいものを摂取すると、胃が冷えて消化酵素の働きが低下したり、胃が冷えることにより、汗がうまく発散できず、熱が中にこもり、精神症状などもでてきます。
 冷たいものを取ると、体内で吸収するために体は取ったものを体温まで上昇させて吸収します。その分、胃腸に負担がかかりつかれてしまいます。

3.自律神経の失調

 人間の体は汗をかいたり、血管を拡張することで熱を体外に放出し、体温を一定に保とうとしますが、その調節をしているのが自律神経です。
 自律神経のバランスが乱れると、食欲不振、めまい、頭痛、精神症状をひきおこします

TOP.jpg

サイドバーオススメ.gif
サイドb夏バテ原因.gif

TOPサイドカレンダー.gif

※赤字がお休みです。

サイドバーご予約はこちら.gif
予約B.gif